津田岳宏の事務所

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« ウインズにて | トップページ | 元手タダの商売 »

2012年11月28日 (水)

ノーレート麻雀ネットワーク ニューロン

ノーレート麻雀を推進している「ニューロン」という団体がある。
そのホームページでは、ニューロンを取り上げたテレビ番組の模様を見ることができる。


私もこれを見たが、本当に素晴らしい。
印象に残ったのは、女の子が「おばあちゃんは麻雀が強いので尊敬している」と言うシーン。
ネトゲでは、こうはいかない。
孫よりも祖母が強く、しかも、孫も祖母も夢中になれるというゲームは、そうはない。
老若男女を問わずにコミュニケーションツールとなる麻雀というゲームの魅力を改めて再認識した。

誰も賭けていない。
たばこを吸っている人もいない。
店内は明るく、空気はきれい。
家族連れも多い。

ニューロンの教室でおこなわれる麻雀には、不健全(と世間が思うよう)な要素は一切ない。

多くの人がこれを見てくれれば、世間の麻雀へのイメージも少しは変わるだろう。
もっと頻繁に、メディアが取り上げてくれればと思う。


ニューロンは、まだ都内近郊にしかないようだ。
私の地元の関西にはまだできていない。

この素晴らしい団体の教室が全国各地にどんどん増えていくことを期待している。



私は「少額の賭け麻雀」がいかに健全か、ということをどんどんうったえていきたいが、世間のイメージが「ギャンブル=悪」である以上、健全なノーレート麻雀の推進をしていくことも、麻雀のイメージアップには絶対必要である。
アルコール依存症になる危険があるのに、禁酒法をつくれとは誰も言わないのは、酒のプラスの効用を、みんなが知っているからである。
麻雀も、麻雀のプラスの効用が大きく知れ渡れば、「一般的にされている少額の賭け麻雀」の合法化も、少しは現実化するだろう。

ニューロンの発展・拡大を切に願う。


なお、ニューロンの代表者池谷雄一さんは、世界麻雀選手権第3位の実績を持つすご腕雀士である。
上記番組では、池谷さんが3人の若者に胸を貸して対局するシーンもある。
この戦いにも、将棋や囲碁とは異なる麻雀の魅力が詰まっているので、必見だ( ̄▽ ̄)

« ウインズにて | トップページ | 元手タダの商売 »

麻雀」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1790625/47998211

この記事へのトラックバック一覧です: ノーレート麻雀ネットワーク ニューロン:

« ウインズにて | トップページ | 元手タダの商売 »