津田岳宏の事務所

無料ブログはココログ
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 裁判でいちばん大事なルール | トップページ | ソープランドとフリー雀荘 »

2012年12月14日 (金)

お客さん

私が大学生だったときの話。


当時私は,京都の某雀荘に入り浸っていた。

雀荘での成績を安定させるコツは,いつ打っても勝てる「お客さん」をたくさんつくることである。
祇園の一角に店を構えていたそのママは,私の一番の「お客さん」だった。
何せ,平気な顔でペンチャンを残しリャンメンを切る腕前である。
相性を云々するまでもなく,勝つのは簡単だった。
しかも,ママはその雀荘のオーナーとデキていたので,負け分は実質オーナー負担。負けても負けても,ママは来る。
遠慮なく勝てる最高のお客さんであった



その夜も,ママと同卓した私は,勝つ気満々だった。
実際,出足から注文通りの連続トップ。
自由自在にアガリを重ね,場を,ママを,自らが支配していると感じた。


迎えた3半チャン目,東1局の中盤,南家のママが,序盤に一鳴きしていた南を横目で見ながら,口を開いた。

「わたし,南家だよね?」

南がないとアガれない手か。不調者の鳴きなんか気にすることないよな。
起家の私は,次巡急所の牌を引き,浮いていた東に手をかけた。
どこまでも勝てそうな気がした。


「ロン」


おもむろに,ママが手を倒した。

  東東北北①①①西西西  南南南(ポン)


ん?高い・・??

南,東・・トイトイ・・ホンロー・・ホンイツ・・っていうか役満やーん!

南家とか全然関係ないやーん!


ママの発言はマナー違反の一種だが,いつも勝たしてくれる相手,今後も仲良く打っていきたいだけに,指摘はしづらい。
こちらの考えを見透かした上での口三味線だった。              

思わぬ小四喜振り込みで動揺した私の麻雀は,その後ガタガタ。押してもダメ,引いてもダメ。席を立ったときには大惨敗を喫していた。

帰り道,しょげる私に,友人が言った。

「オバハン,麻雀はドヘタやけど,三味線の使い方はプロやな。さすがは祇園のママやなぁ。」

虚実入り乱れる花街で,無数のお客さんを相手に看板を守っていたママからすれば,ケツの青い学生を口で転がすことなど造作もなかったのだろう。
その夜の私は,たったひと言で,ママの「お客さん」にされたのだ。


大人をナメてはいけない,と痛感させられたあの日から10余年。

雀荘を美化するわけではないが,少なくとも私は,学生時代に雀荘で経験した色々なことが,今の自分の仕事にも生きていると思っている。

よろしければクリックお願い致します→
人気ブログランキングへ

« 裁判でいちばん大事なルール | トップページ | ソープランドとフリー雀荘 »

麻雀」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1790625/48309374

この記事へのトラックバック一覧です: お客さん:

« 裁判でいちばん大事なルール | トップページ | ソープランドとフリー雀荘 »