津田岳宏の事務所

無料ブログはココログ
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 麻雀店とコンプライアンス | トップページ | 競馬脱税裁判の判決日が決まる »

2013年1月14日 (月)

税金が上がるくらいなら・・

所得税の最高が45%に上がるらしい。
消費税は、来春から8%に上がる。

結局、今の日本には全然カネが足りない。
だから、税金がどんどん上がっていく。


カジノを早急に導入した方がいいと思うのは、カジノがカネを集めるのに非常に優秀な手段だからである。
カジノはリターンが大きく、そして少なくとも国で最初のカジノに失敗のリスクはほぼない。現在世界で120か国以上にカジノがあるが、これらの多数の国で最初のカジノが失敗した例はひとつもない。

日本にはたくさんのパチンコ屋があるのでこれ以上カジノなんかいらない、と言う人もいるがそれは違うだろう。
パチンコ屋に通う大金持ちがいるだろうか?
カジノは、富裕層にお金を使ってもらう遊び場であり、それゆえに多額のお金を集めることができる。

ギャンブルというのは、ある意味とても公平な遊びで、低収入の人なら低い金額でもドキドキして楽しめるが、金持ちが同じドキドキを味わうにはある程度の金額を使う必要がある。
実際、世界には一晩で”億”以上のお金をカジノで使う大金持ちもいて、俗に「ハイローラー」と呼ばれる彼らに日本のカジノで遊んでもらえれば、経済効果は非常に大きい。

日本には大金持ちというのはあまりいないが、小金持ちは多い。
そういう人たちにも、積極的にカジノで遊んでもらえるようにすれば良い。
たとえば、最高税率45%を支払っている人はカジノの負けのうち何割かを所得控除する、なんて制度にすれば小金持ちがカジノに多く来ると思うのだが。
カジノで金持ちのカネを集め、集めたカネは足りない社会保障に充てればいいだろう。
「ギャンブルでする格差是正」である( ̄▽ ̄)

ギャンブルは生理的に嫌だ、という人が日本に多いのもよく分かるのだが、これだけカネが足りない今の日本、カネ集めの経済手段としてのカジノ(ギャンブル)に賛成する人も少なくないように思う。
税金がどんどん上げられるか、カジノがつくられるか、どっちが嫌かと聞かれたときに回答はどんな割合になるのか。
少なくとも調査は絶対した方がいい。
”食わず嫌い”はもったいないと思うのである。



よろしければクリックお願い致します→

人気ブログランキングへ

« 麻雀店とコンプライアンス | トップページ | 競馬脱税裁判の判決日が決まる »

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1790625/48744447

この記事へのトラックバック一覧です: 税金が上がるくらいなら・・:

« 麻雀店とコンプライアンス | トップページ | 競馬脱税裁判の判決日が決まる »