津田岳宏の事務所

無料ブログはココログ
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月25日 (月)

快感回路ーなぜ気持ちいいのか なぜやめられないのか

雀荘でアルバイトしていたとき、毎日のように来るお客さんがいた。そのくせ「もう麻雀はあまり面白いとは思わない」なんて言っていた。
じゃあ何で毎日来てんだよwと不思議だったが、こういうのは科学的に説明できるようだ。


「快感回路」(河出書房新社)という本を読んだ。
アメリカの神経学者が、人が快感を覚えたり依存症に至るプロセスを脳科学の側面から書いた本である。非常に興味深かった。今日の記事は本書をもとにすすめる。


人が何かに快感を覚えるとき、脳内の小さな一領域である内側前脳快感回路(以下「快感回路」)と呼ばれる部分が、刺激されて興奮する。
薬物やギャンブルであれ、セックスや高カロリー食であれ、あるいは慈善的な寄付行為であれ、人が快感を覚えるときには、例外なく快感回路が興奮している。
ヤクでキマっている人と、ボランティア活動で喜びを感じている人とで、脳内で起きている現象は同じなのだという。

社会動物である人間は、社会的評価を受けると快感回路が強く刺激される。
とくに、快感回路内の「側坐核」「背側線状体」と呼ばれる部分が活性化し、それは、金銭的報酬で活性化する部分と同じらしい。
金持ちが政治家になりたがるのは、科学的に説明できるようだw

本書では、薬・食べ物・セックス・ギャンブルにそれぞれ1章が割かれ、依存症について詳細に解説されている。
依存症者は、快感を感じ取る快感回路に異常が生じている。
それは具体的に言うと”鈍く”なっているいうことである。
普通の人と同じ量では、快感がない。必然、より多くの量を求めるようになる。するとますます”鈍く”なる。さらに量を求める。
この悪循環が依存症を進行させていく。
薬物依存症者は、他の人よりも薬物を欲しがるけれども、他の人ほど薬物が好きではないように見えるものらしい。

「麻雀はあまり面白くない」と言いながら毎日来ていたあの人は、もしかしたら依存症の初期症状だったのかもしれない。
依存症予防の観点からは、昔ほど面白くないけど何となく・・となった時点で、その”楽しみ”から少し距離を置いた方がいいようだ。


依存症が進行していくときの快感回路の変化は、経験や学習によって記憶が貯蔵されていくときの神経回路の変化と同じである。
皮肉なことに、人は、経験によって学ぶ能力があるからこそ依存症にもなり得ると言えるらしい。


本書は、ギャンブル依存症についても詳細に記載されている。
ギャンブルの快感は、惜しい負け(ニアミス体験)によって増幅されていくのだという。惜しいリーチが空振りするほど続けたくなるのだと。
うーん、これは実感として納得できるw
また、ギャンブラーがもっとも快感を覚えるのは、結果が出るまでの待ち時間なのだという。スロットやルーレットが回っている時間や馬が最後の直線に入ったときに、快感回路がもっとも刺激される。

ギャンブルには快感が伴うが、当然ながら、全てのギャンブラーが依存症になるわけではない。誰もが食事をし、セックスをし、多くの人は酒を飲むが、ほとんどの人は依存症になららない。同様に、たいていの人はときおりギャンブルを楽しむだけで、病的にのめり込んだりしない。

しかし、少数のギャンブラーが依存症になるのは事実である。
ギャンブル依存症の特徴は、女性より男性がはるかに多いこと、遺伝することが多いこと。
そして意外なことに、ギャンブル依存症者にはビジネスの世界で大きな成功をおさめる精力的な人物も多いこと。
タネ銭があるからこそ依存症になるということか。なるほどそういやどこぞの紙屋のボンボンもw


著者であるリンデン教授は言う。
依存症は脳の病気である。
これには、依存症の発症は患者の責任ではないという考え方を伴う。
しかし、依存症からの回復は患者の責任である。
患者には、発症はさておき、回復への責任や、回復に伴うもろもろの問題への責任がある。
病気なのだから責任はなく何もしなくていいというわけでは決してない。


私は、ギャンブルについては、患者にはもちろん、利益を上げている胴元にも、依存症の予防・回復への責任があると思う。
ギャンブル産業は、大きな利益が上がる。
しかしその反面、ギャンブル依存症を生むことになる。リンデンも指摘するように、合法的ギャンブルが増えるほどギャンブル依存症者は増える。
とすれば、依存症への対策は、胴元の必須事項である。

海外のカジノでは、依存症と思われる客への入店を禁止するなどして、依存症対策をしている。
日本では、パチンコ店が実質的に庶民のカジノになっているが、そういう対策は一切していない。
これも、「パチンコは賭博ではない」というグレーな扱いゆえの問題であろう。
「賭博ではない」のだから、ギャンブル依存症への対策はしない。できない。対策をしたら、パチンコが賭博だと公認したことになるではないか。そういうことなのだろう。
それならば、パチンコの換金も合法化して、その変わりに依存症対策を法で義務付けした方がよほどいい。
また、麻雀店も、フリー雀荘を合法化したいのであれば、合法化のあかつきには依存症対策も完璧にする、と言っていかねばならない。

今の日本の法律は、ギャンブルを建前では違法とする一方で黙認されるグレーゾーンも広く、くさいものにはフタをするような扱いで、ギャンブル依存症への対策も全く不十分である。
それならば、合法領域を増やし、その変わりに依存症への対策も強化徹底したした方が、依存症者は減るはずだ。
依存症者のためにも、グレーは撤廃し完全合法化した方がいい。


よろしければクリックお願い致します→

人気ブログランキングへ

2013年2月22日 (金)

「金スロ」摘発の波紋

大阪市営地下鉄に出されていたパチンコチェーンの広告が違法だとして市民団体が提訴し、これを受けて市は広告の中止を決めたのだという

この市民団体、「ギャンブル依存症を生む公認ギャンブルをなくす会」というらしい。
パチンコの糾弾が活動のメインのようだが、あわせて競馬や宝クジの撤廃、さらには酒の広告の縮小までも主張しているようで、立場は真逆だが、筋金入りの団体である。

ただ、サイトを見る限り麻雀についての記載はなかった。
麻雀は「公認ギャンブル」ではないからか、それとも、麻雀はマイナーなので相手にするまでもないということか・・それなら何だか少し悔しい('~`;)
今度、私の本でも持って逆売り込みでもかけてみようか。「賭け麻雀も取り上げて下さい!」なんて。追っ払われるか(笑)


「なくす会」が、親の仇のごとく叩きまくっているのが、パチンコである。
三店方式というグレーなシステムで事実上公認されているパチンコには問題点も多く、私も、パチンコ店と麻雀店の扱いの不公平を訴訟で主張したことがある。
ただ、だからパチンコは撤廃してしまえ、というのは乱暴に過ぎるだろう。
パチンコは20兆円産業で、その規模は麻雀と比べものにならない。
規模が大きいということは、それだけ、従事している人も多い。パチンコ業界で働いて生計を立てている人が無数にいるのだ。
もし日本からパチンコがなくなれば、その人たちはみんな職を失う。その社会的デメリットは計り知れない、というか、その人の立場になったとき、こんな不景気な時代に職を失うつらさがどんなに大きいか・・


「なくす会」の主張には、マユツバもある。
会によれば、日本には200万人のギャンブル依存症がいるというのだが、いったいどこから取ったんだろうこの数字?
きっと、会の基準なら、日曜日に花見小路のウインズに行ってそのままパチンコ屋に行き、AKBをBGMにモニターでメインレースを見ている私は、ギャンブル依存症なのだろう。私の友達のアノ人もアノ人も、ギャンブル依存症だ。ライターのアノ人なんて、きっと重度のギャンブル依存症と言われるだろうな。みんな仕事はしているし、生活は破たんしていないけれども、おかげさまで('~`;)

さらに会は、ギャンブル依存症者への治療費などのコストを考えると、公認ギャンブルは経済的に赤字になるのだと言う。
ならば、20世紀にスタートした街で唯一100万人都市になったラスベガスという街の現象をどうとらえるのか。
カジノや公営ギャンブルが一般に大きな経済的利益を出すことは明白な事実である。
ただ、ギャンブル依存症を生み出すのも事実なので、そのメリットとデメリットを考えて国はどうすべきか、が問題なのである。

まあ、真逆の立場だけに、「なくす会」の人たちとは機会があれば一度真剣な議論をたたかわしてみたいとも思った。
とにかくギャンブルについては、くさいものにフタをするのではなく、議論をはじめて出発点をつくらないといけない。それが結果的にギャンブル依存症者への救済にもつながるはずだ。



それはさておき、最近はパチンコへの風当たりも強い。
警察は、パチンコへの締め付けを相当に強化しているようだ。
驚いたのは、「金スロ」の経営者が常習賭博の疑いで逮捕されたというニュース

「金スロ」は、

①自動販売機で金箔を買う。
②自販のおまけでスロットゲーム機のクレジットが30付いてくる。
③スロットゲームをしてクレジットが100になれば、おまけでさらに金箔がもらえる。
④金箔は、すぐ近くの古物屋で買い取ってくれる。

というシステムになっている。

この説明ではイメージしづらいかもしれないが、単純に言うと、「メダルを換金可能にしたゲームセンター」である。
店側は、「あくまでゲームセンターなので、違法ではありません」と大きく宣伝していて、去年くらいから店もかなり流行っていた。
ただ、やっていることの実質は「無許可のパチスロ屋」であり、これを放置すると風営法の規制が骨抜きになるので、そのうち風営法違反で摘発されるだろう、と私は予想していた。

で、今回摘発されたわけなのだが、驚いたのは「常習賭博」で逮捕されたという点。
なぜなら、「金スロ」店と客は直接に金のやり取りをするわけではなく、古物屋を介してのやり取り、つまり形式的に「三店方式」を取っていたので、これを賭博で挙げてしまうと、正規パチンコ店の「三店方式」の合法性が説明できなくなるのでは・・と思うからだ。
だから私は、「金スロ」が風営法違反で捕まることはあっても、賭博罪での摘発はないだろうと予想していた。しかし、賭博で挙げられたのだという。

三店方式の金スロが賭博で摘発されるのならば、同じく三店方式の一般のパチンコ店が賭博で挙げられても不思議ではない。
パチンコ店が賭博で摘発される可能性は0だと思っていたが、最近の締め付けの強さも考慮すると、もしかしたら、今までの常識が覆される日がくるのかもしれない。
少なくとも、パチンコ店も危機意識は持った方がいいだろう。
いまだに、メール会員などにイベントを示唆する煽りメールをする店もあるが、そういう店はかなり危ない。
賭博は違法だという確固たる判例がある以上、当局に「もはや放置できない」と判断されて検挙されれば、「今まではずっと認められていたのになぜだ!」と主張しても無駄な抵抗である。
この点、フリー雀荘とパチンコ店に、本質的な差異はない。


フリー雀荘は摘発、競馬は脱税で起訴、そしてパチンコ店も摘発の危機・・

これらの産業が全て衰退して完全に消滅すれば、「なくす会」は祝杯を挙げるのだろうか。いや、酒はアルコール依存症になるからといってお茶で乾杯するのかもしれない。なるほどたしかに健全なのかもしれないがw

よろしければクリックお願い致します→

人気ブログランキングへ

2013年2月19日 (火)

ペニオク騒動に思う

勤務中に賭け麻雀していたとして、数人の巡査が賭博容疑で捜査されているようだ。

前に「プレジデント」という雑誌に賭博罪の記事を書いたとき
「友達同士でギャンブルしたとしても、捕まる可能性はゼロに等しい。ただし、勤務中にギャンブルすると大問題になりかねない。公務員や有名人は社会問題化するときもあるのでさらに要注意。」
と書いたが、警察官が勤務中に賭け麻雀、というのは、まさに「それはヤバい・・」の典型である。

ただ、問題の本質は賭け麻雀ではなく、税金から給料が払われている警察官が勤務中に遊んでいた、ということである。
警察官が勤務中に風俗に行っていても、パチンコに行っていても、漫喫でネトゲをしていても、同じように大問題である。
賭け麻雀自体がコトの本質ではない今回の件で、また麻雀のイメージが悪くなるのを懸念する・・


公務員や有名人は、不祥事のリスクが一般人よりも高い。
最近、タレントの不祥事として世を騒がせたのが、ペニオク詐欺への加担である。

ペニーオークションというのは、ギャンブルの一種である。

ペニオクの落札者は、通常、市価よりも低い価格で落札できる。
ただし、ペニオクでは、落札できなかったときも入札手数料は返還されず、これがシステムのポイントである。
入札手数料は投資金であり、落札できれば回収できるが、できなれば、それは外れ馬券と同じである。
すなわち、ペニオクは、入札手数料をベット、落札を当たり、としたギャンブル(宝クジ)である。

手数料は1回50~75円と低額であるが、バカにするなかれ。
アツクなって何回も入れ札して、10万円以上手数料を払って結局落札できなかった、という人もいる。

今回問題になったペニオクでは、参加者が落札できないようになっていたというのであり、これは、当たりのないクジを売っていたということである。

ひと昔前は、タチの悪い駄菓子屋が子供相手にもしていたような、まあ、伝統的なイカサマである。

問題のタレントたちは、落札していないのに「落札した!」とブログに書いていたのであり、これはイカサマに加担したことになるので、責任追及されている。

タレントのひとりは、「ペニオクの詳細は、私も事務所も把握してなかった・・」と釈明していた。
まあ、実際そうなのだろうと思う。

私のようなギャンブルの素養ある人間(笑)ならば、パッと聞いただけで、ペニオクがギャンブルであること、してもいない落札を装うとイカサマへの加担になりかねないこと、はすぐ理解できるのだが、そうでないタレントたちが、今回落とし穴にはまったのではないか。
美味しいと思わないご飯を「美味しい!」と言いながら食べる仕事と同じだと認識したのではないか。これはいつもと同じ宣伝の仕事だ、格別の問題はない、と。


イカサマでひと儲けをたくらむ悪い奴らは、いつの時代にもいる。
だから、ギャンブル好きは、イカサマに敏感である。自然、詐欺の手口にも詳しくなる。

詐欺の手口に疎いことのデメリットは2つ。
1つは、だまされやすくなること。
もう1つは、知らないうちに詐欺の片棒を担ぐ危険も増すこと。

ギャンブルを趣味にすると、詐欺に詳しくなり、詐欺の被害にあいにくくなり、加害者にもなりにくくなる。
タレントたちも、何らかのギャンブルを趣味にしていたら、今回みたいなことにはならなかっただろう。


ギャンブルするにもメリットはあるのだという、自己弁護の話にはなるけれど(笑)

よろしければクリックお願い致します→

人気ブログランキングへ

2013年2月15日 (金)

競馬脱税裁判の判決日が決まる

最近バタバタしていて、久しぶりの更新になる。

競馬脱税裁判の公判が先日あって、ニュースにもなり、本ブログのアクセスも増えていた。
公判は終結し、5月23日が判決日である。


本ブログの競馬税金裁判でくわしく書いたが、この裁判、過去の判例に照らすと、弁護側が勝つのがなかなか難しい。



麻雀店の事件を扱うことが多い私は、この国の法律が「ギャンブル」に冷淡であることも知っている。

報道によると、弁護側は「今回の処分は不意打ちだ」という主張をしたようだ。

当たり馬券の全額に課税されるなんて、誰も知らない。課税をするのなら、馬券売場に張り紙をしたり、広告の中にも記載するなどして、課税することがみんなに分かるようしっかり告知するべきだ。そうでないのに、突然莫大な額の課税処分をするのは不意打ちであり、許されない。

という主張である。

私は、これと同じような主張を、低レートフリー雀荘が摘発された事件でした。

摘発された人は「麻雀で逮捕されるなんて思いもよらなかった。競馬やパチンコと同じで合法だと思っていた」と供述した。
こういう人は世間に多い。テンゴで捕まるなんて思っている麻雀ファンはほとんどいない。
そういう社会状況の中で、突然検挙するのは完全に不意打ちであり、許されない。

と主張した。しかし、裁判所は認めなかった。


この国の法律は、ギャンブルする者は自己責任、という考えである。
ギャンブルする以上、法律のことは自己責任で調べなさい。法律を知らずに、あとで不利益をこうむっても、裁判所は助けません。という姿勢である。

「不意打ちだ」という主張は、今回の競馬裁判でもおそらく認められないだろう。



もしも男性への処分が確定したら、みんなでカンパするというのはどうだろう。
全国50万人のギャンブルファンが1000円ずつカンパすれば5億集まる。
カンパしたお金で納税するというのだから、おおいに社会貢献になる。
そういう社会貢献にもなる前向きな一致団結をギャンブラーが見せれば、ギャンブルに対する世間の目も変わり、法律が変わるきっかけになるかもしれない。

よろしければクリックお願い致します→

人気ブログランキングへ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »