津田岳宏の事務所

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 今でしょ!・・もまた | トップページ | 生活保護者のギャンブルする自由 »

2013年3月17日 (日)

求む!最強雀士

囲碁の井山裕太が史上初となる6冠を達成し、話題になっている。

井山6冠は、平成生まれの23歳。
これまでの強豪と比べたときの彼の際立った特徴は、ネット碁で強くなったということ。

彼は師匠と1000局以上も練習を対局をして、そのほとんどはネット対局だった。
インターネットの大会にも多く参加し、10代のとき既にネット碁の世界では超有名だったという。

囲碁将棋や麻雀などの頭脳ゲームにおいて、若手に対するベテランのアドバンテージは、「実戦を重ねた得た経験」であった。

しかし、ネットの登場で、若い世代でも容易に多くの実戦を積むことが可能になり、そのアドバンテージはなくなりつつあるのだろう。
井山6冠の誕生は、その象徴だ。



麻雀界にも、井山6冠みたいな人が出てきてくれないかと期待する。
6冠のような、パッと見どこにでもいそうな風貌の若者が、いかつい見た目のプロ雀士たち相手に圧倒的な強さで勝ち続けたら、世間も少しは話題にしてくれそうに思う。
私自身は、ネット麻雀はあまりしないアナログ麻雀ファンだが、今後圧倒的強さを持つ雀士があらわれるとしたら、それはネット麻雀からだと思っている。
ネットなら手軽に多くの対局ができるし、牌譜の再生も容易で、反省や検討もたくさんできる。
井山6冠のネット対局の効用には、10代のときに怖い大人と対面して対局しなくて済んだおかげで、萎縮せずに自由な発想でたくさん打てたということもあるという。
これはなるほどと思ったし、麻雀には、いっそう当てはまるだろう。


私自身はアナログファンで、「流れが悪い」なんてしょっちゅう言うし、「今日はツイていないからダマ」なんてこともする道楽麻雀だが、最強雀士としてメジャーメディアで話題になるためには、「デジタル」を極めていることが必須だろう。
囲碁や将棋と同等の、科学的根拠を持った強さが必要である。
「科学する麻雀」の内容は全部暗記しています、ぐらいの人が理想だ。
「何であそこで③切ったのですか?」と聞かれて
「アガり期待値32パーセントで一番高いので。第2候補の五切りの期待値は29パーセントなんで3パーセントの差は大きいです」
なんてすらすら答えられるような。

ネットを利用して圧倒的多数の対局をし、圧倒的多数の検討をし、局面ごとの期待値を驚異的に暗記し、科学的根拠のない「経験」ではなく、科学的に説明できる「知識」と「計算」で、圧倒的な強さを見せる。
そういう最強雀士が出てきてくれたらいいなあ( ̄▽ ̄)

よろしければクリックお願い致します→

人気ブログランキングへ

« 今でしょ!・・もまた | トップページ | 生活保護者のギャンブルする自由 »

麻雀」カテゴリの記事

コメント

プロ相手に圧倒的な強さを見せるのに麻雀は運の要素が多すぎる気がする。と運のせいにしてるうちは麻雀強くならないのかな(^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1790625/50801535

この記事へのトラックバック一覧です: 求む!最強雀士:

« 今でしょ!・・もまた | トップページ | 生活保護者のギャンブルする自由 »