津田岳宏の事務所

無料ブログはココログ
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2013年3月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年4月

2013年4月20日 (土)

カジノと歌舞伎

歌舞伎の大看板・市川団十郎さんの急死は多くの人を悲しませたが、カジノ推進派の人たちはとくに残念がっているようだ(ニュース)。

カジノリゾートにシアターを設けてそこで歌舞伎を上演するという計画があって、団十郎さんも乗り気で「カジノを考えるイベント」にも参加していたのだという。


歌舞伎のファン層の多くは年配女性である。
彼女たちの愛情は濃い。
普通のタレントだとスキャンダルで人気が急落することもままあるが、歌舞伎役者の場合、隠し子や不倫が発覚しても、歌舞伎ファンからの人気に影響することはほとんどない。
自分の夫の浮気は許せなくても、ひいきの役者のスキャンダルは「まあ役者さんだからねえ」とあっさり許す。
彼女たちの愛情は、わが子へ向ける愛情と同じくらい濃いのである。
人気歌舞伎役者には母親がたくさんいるようなもので、結婚すると姑がたくさんいるような状態になる。
梨園の妻は苦労すると言われるゆえんである。


年配女性層というのは、カジノやギャンブルに対して、もっとも強い拒否反応を示す層である。
しかし、団十郎さんがカジノ推進派に回れば、歌舞伎ファンの年配女性たちが、カジノを少しは前向きに考えてくれた可能性が高い。

まったく残念至極である。

カジノリゾートでの歌舞伎上演の話は、是非、団十郎さんの息子である海老蔵が後を継いでやってほしい。
海老蔵は最近は競馬にハマっているようだ。
年始のミリオネアに出演したときも「もし1000万円取ったら?」の質問に「競馬で単勝1点買い!」と言っていた。
カジノだって、きっと好きだろう。

海老蔵にも、たくさんの”愛情深いお母さん”がいる。海老蔵が「カジノリゾート歌舞伎上演計画」に積極的に乗り、お母さんたちのカジノへの偏見を取り払うきっかけになることを期待する。




よろしければクリックお願い致します→

人気ブログランキングへ

« 2013年3月 | トップページ | 2013年8月 »