津田岳宏の事務所

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 稀代のギャンブル依存症者 | トップページ | ホームページと頼れる顧問 »

2014年7月27日 (日)

どうしてギャンブルが好きなのだろう

昨日のブログで取り上げた大王製紙井川元会長の著書「溶ける」の中でもっとも心に残ったのは,著者が「私はギャンブルが好きでたまらなかった」と率直に書いていたところである。

それはきっと,私自身もそうだからである。
私は決して依存症ではない(と自分では思っている)が,ギャンブルは好きだ。

あなたの趣味は何ですか?
ストレス解消法は何ですか?
何をしているときが一番楽しいですか?

これらの質問に本当に正直に答えるとしたら,「ギャンブルです」と答えるしかない。


しかしそもそも,どうして自分はギャンブルが好きなのだろう?好きになったのだろう?


もはや時効であろうし白状するが,私がはじめてギャンブルをしたのは中学生のときだ。
トランプゲームの「かぶ」を賭けてやっていた。10円玉をやり取りするような可愛らしいものだったが,それでも「賭けている」というだけで楽しかった。
その後,高校生になると賭け麻雀をするようになる。「世の中にこんなに面白いものがあるのか」と衝撃を受けた。大学に入ると完全に雀荘に入り浸るようになった。
あらためて振り返ると,私は少年時代のはじめからギャンブルを非常に面白いものだと思い,それが今までずっと続いている。
そんなふうにギャンブル好きになったことについて,外部的原因として思い当たるのは,中学受験である。

私は小学校4年生から塾に通い出した。
それまで,テストというのは点数が出るだけのものと思っていたが,塾でテストを受けると「順位」「偏差値」「合格可能性」などの,見たことのない数字がたくさん出てきた。
その数字は,受けるたびに上下する。
上がれば褒められる。
下がれば怒られる。
テストは,個々の問題に対する判断の連続である。
判断に正解すればするほど数字は上がるし,判断を誤る数が多いほど数字が下がる。
その仕組みは,ギャンブルに類似する。
ギャンブルも,判断の連続である。
判断に正解するほど収支はアップするし,誤るほど収支は下がる。


「順位」「偏差値」「合格可能性」


今思うと,塾のテストで”数字を取った”とき,小学生の私の内側前脳快感回路がそれまで受けたことがないくらいの強い刺激を受けて強い快感を得ていたような気がする。
それで私は,「判断→正解→数字ゲット」という似たような快感をインスタントに得られるギャンブルを好むようになったのではないか。

こんなことを思ったのは,井川氏も,同じような中学受験経験者だったからだ。
とくに氏の場合は,生まれたときからずっと愛媛で育っていたところ,親の仕事の都合で東京への引越しが決まったので東京の中学を受験することになり,東京の塾に通うようになった。
東京の子供たちと絡むと,自分が田舎者であることをまざまざと思い知ったという。多感な時期である。多少のコンプレックスも感じたであろう。
そんな井川少年は”テストの数字をゲットしたとき”には強い快感を覚えたはずだ。ましてや,コンプレックスを覚えている相手に対する数字であれば,それはひとしおだったろう。
そして少年は大人になっても,それと似た快感を得られる遊びにはまったのだろう。
とすれば,井川氏と私,ギャンブルが好きになった経過や原因は,もしかしたら非常に似ているのではないか・・
あまり嬉しくないこんな考えを,本を読みながらめぐらしていた。

受験は数字で評価されるゲームの1種ともいえ,それはギャンブルと共通する。
それゆえ,少年時代に受験に費やしたエネルギーとギャンブル好きになる可能性は,かなりの相関性があると私は思っている。
実際,京都の雀荘なんかだと,K大生やD大生の割合がかなり高く,それは,賭け麻雀が市民権を得ていることの証拠として私が裁判で主張したほどである。

井川氏の著書を読むと,とにかく数字へのこだわりが強い。
ビジネス哲学を語るところでも「ビジネスは数字が全て」「細かい数字にのっとって」「上下100億円をひっくり返して黒字に転換した」等の記述が多い。
井川氏には,”数字依存症”ともいえる部分があるように思える。
ギャンブルの数字はカネで,ビジネスの数字もカネである。
井川氏の失敗はギャンブルでのカネだが,世の中には,ビジネスのカネを”依存症”と言えるほどに追いすぎてしくじる人もいる。
たとえば,堀江貴文氏や村上ファンドの村上世影氏だが,実は彼らも中学受験経験者である。
ライブドア時代の掘江氏は「時価総額世界一を目指す」が口癖だった。
何かをつくる,とかではなく,「時価総額」という数字を目標にしている点に数字へのこだわりが感じられ,井川氏と共通するにおいがある(ついでに書いておくと,井川氏と堀江氏は親交のある友人同士のようだ)。


多感な少年時代に,数字での快感を強く覚えると,大人になってからも,知らず知らずのうちにその快感を求める傾向が強くなってしまうのだろう。
そして人によっては”依存症”になるほどのめり込んでしまう。
井川氏や堀江氏の罪について,日本の教育のせいである,などと陳腐なことを言うつもりはない。
しかし,今も昔も,中学受験をしている多感な少年たちは,多かれ少なかれ,大人への釈然としない思いを抱いているはずだ。

受験戦争という手垢のついた言葉があるが,これは真実をついている。
受験は戦いである。
誰かかが合格するということは,誰かかが不合格になるということだ。
誰かの成績が上がれば,誰かの成績が下がる。
自分の成績が上がって褒められているときには,きっと誰かがかわりに怒られている。

小学生はバカではない。
みんなそんなことは十分承知である。

小学生の私は,そういうのっぴきならない戦場に自分たちを送り込む一方で,さわやか何たらとかいうふざけたテーマソングのくだらないビデオを見せて「みんな仲良くしないといけません」なんて建前の道徳を言ってくる大人たちに,全くもって釈然としない気持ちだった。強烈な不信感を覚えた。
建前の道徳をこき下ろして本音で笑わしてくれるたけしやたかじんがヒーローに見えた。


ギャンブルについての今の日本の法律やその取り扱いは,全て,建前の道徳が前提とされている。
ギャンブルはなぜ悪か?と問われて,論理的に説明できる人などいない。
みんなが悪だというから悪だと思っているだけである。
競馬やパチンコが氾濫する世の中で,ギャンブルは悪だと当然のように言うことは,受験戦争の真っ只中にいる子供に「みなで手を取り合って仲良くしましょう」と説くのと同じくらい間抜けなことであり,それは口先だけの道徳である。
そんな血の通っていない道徳に,私は心底納得できないし,釈然としないし,不信である。絶対に間違っていると思う。


が,それはさておき,大人になった私が今こういう考えであることも,少年時代の経験が影響しているのかもしれないと思ったりした。
人間の人格は,30歳から先は根本的に変わることはないらしい。
空疎な建前の道徳を不愉快に思う気持ちは,一生私から消えないのだろう。

よろしければクリックお願い致します→

 人気ブログランキングへ

« 稀代のギャンブル依存症者 | トップページ | ホームページと頼れる顧問 »

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

勝負の勝ち負けを金で清算するのがギャンブル。まったくの邪道。ギャンブル好きに品性が備わった輩を見たことが無い。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1790625/56915191

この記事へのトラックバック一覧です: どうしてギャンブルが好きなのだろう:

« 稀代のギャンブル依存症者 | トップページ | ホームページと頼れる顧問 »