津田岳宏の事務所

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« これからのカジノの正義の話をしよう② | トップページ | これからのカジノの正義の話をしよう④ »

2014年8月28日 (木)

これからのカジノの正義の話をしよう③

正義は個人の自由と権利を尊重すべきとする考え方(自由主義)は,契約・合意・自己決定権といったものを最重視する。

この思想に対しては,合意さえあれば何でも許されるのか,という反論がある。

2001年,ドイツのマイヴェスという男が,殺されて食べられることを希望する者を募集するインターネット広告を出した。
ブランデスという男がその広告に応募してきた。
彼はコーヒーを飲みながらマイヴェスの話をあらためて聞き,快諾した。
マイヴェスはそのままブランデスを殺し,死体を綺麗に切り分け,ビニール袋に入れて冷凍庫に保存した。
逮捕されたとき,マイヴェスはオリーブオイルとニンニクで調理したその”ご馳走”を既に20キロ近く食べていた・・

この事件,自由主義を貫徹する限り,マイヴェスを処罰することはできない。
マイヴェスの行為は,彼とブランデスの”自由意志による契約”に基づく行為である以上,ブランデスの権利を侵害しているとはいえないからである。
しかし,ドイツの裁判所は,マイヴェスに対して懲役8年6か月という重い刑を課した。

マイヴェスを無罪とすべきだ,という人はあまりいないだろう。
合意があればいかなることでも許される,と考えるわけにはいかない場面もあり,これが自由主義の欠点である。


③正義は美徳や善良な生活を促進すべきとする考え方(以下「美徳主義」という)からは,マイヴェスの行為は当然許されない。

この考え方によれば,多数人の快楽になるものであっても(功利主義),契約や合意に基づくものであっても(自由主義),悪徳であったり邪悪であったりするものは政治が認めるべきではないのである。

人を猛獣の餌にして見世物にすることや,人が人を食べる行為は,悪徳であり邪悪であるので政治的に認められない,ということになる。

そしてこの考え方のもとでは,カジノの雲行きが怪しくなる。

いかに経済効果があっても(功利主義),ギャンブルが個人の合意に基づく行為であっても(自由主義),そもそもギャンブルは悪徳である。
カジノはギャンブルという悪徳で人々の金を巻き上げる邪悪な施設である。
そのような邪悪な施設は日本にいらない。

美徳主義のもとでは,このような意見が多数を占めると考えられ,賛成派・推進派にとって大きなハードルとなるであろう。

これへの対策として,「いやいや,そんなに悪いことではないんですよ」という方向で攻めても納得させることは非常に難しい。

悪徳か美徳か,という問題には理屈ではないことが占める部分も大きい。
「生理的にダメ」と言われてしまったらいくら金を使おうが優しくしようが無駄であることと同じく,生理的にカジノが邪悪だと思っている人に信念を翻してもらおうと各種資料を持ち出してプレゼンしても,ほとんど功を奏さないであろう。

それでは,賛成派をどう論戦していけばいいか。

これは,功利主義や自由主義の立場から美徳主義に対してされる批判がヒントになる。

続きはまた今度。


よろしければクリックお願い致します→

 人気ブログランキングへ

« これからのカジノの正義の話をしよう② | トップページ | これからのカジノの正義の話をしよう④ »

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

正義?実に便利な言葉だ。本来、裁判官は、自由な意思で判決を書くことが許される職業であるが、それは、法の正義に立脚していなければならない。
今、裁判所でそれを実践している裁判官がどのくらいいるのだろうか。
昨年、東京地裁民事25部で被告の身として裁判の当事者となったが、一審の裁判官の馬鹿げた判決に呆れた。弁護士は最初からつける気がなく、控訴審も自分で作成した控訴理由書を提出した。
絶望の裁判所に、控訴審第一回口頭弁論日に出頭。以外や以外、満場一致で、和解若しくは一審差し戻しとの裁判長の言葉。すぐさま弁論再開。そして和解成立。
一筋の光の先にあったのが、正しく法の正義であった。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1790625/57210459

この記事へのトラックバック一覧です: これからのカジノの正義の話をしよう③:

« これからのカジノの正義の話をしよう② | トップページ | これからのカジノの正義の話をしよう④ »