津田岳宏の事務所

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« NHKがギャンブルを | トップページ | 雇用を奪うな »

2014年9月29日 (月)

パチンコはどうなの? 

ギャンブルに詳しい弁護士として雑誌やテレビ等から質問をされるとき,必ず聞かれるのは「パチンコはどうなんですか」ということである。
この間のNHK番組のディレクターからも聞かれた。

パチンコはどうなの?という問いには,以下の3つの問いが含まれている。

①パチンコは賭博にあたるの?
②パチンコは賭博罪にあたるの?
③パチンコで捕まる可能性はあるの?


まず①の点について,パチンコは明白に賭博である。
法律上の賭博の定義は「偶然の事実に対して財物を賭けること」である。
パチンコの結果が偶然であることは言うまでもない。
パチンコは,偶然の結果に対して財産的価値のある賞品(財物)が提供されるので,賭博にあたる。

②の点は,非常に難しい。
競馬や競輪は,賭博にはあたるが特別法で認められている。
パチンコも賭博にはあたるが,風営法によって賞品を提供することは認められている。
よって,賞品を提供している限りでは,賭博罪にはあたらない。
しかしここで問題なのは,パチンコをしている人は全員が出玉を特殊景品に交換した上で換金しているのであって,実質的には現金が提供されているのと同一であるという点だ。
裁判所というと四角四面で融通が利かないというイメージを持っている人もいるかもしれないが,実はけっこう実質的な判断をすることも多い。
パチンコ店で,実質的に現金が提供されていることは明白である。現金が提供されているのならば,賭博罪である。
仮にパチンコ店が賭博罪で起訴されたならば有罪になる可能性は高い。なので「まだ判例はありませんが,もし裁判になればパチンコは賭博罪にあたるという結論になるでしょう」と回答している。

もっとも,実はこの点は三権分立が絡んだ複雑な問題も含んでいる。
三権分立のもと,有罪か無罪かを判断するのは司法機関の裁判所で,取締や逮捕をするのは行政機関の検察・警察である。
しかし,賭博というのは,そもそも風紀に対する罪であり,それについての判断は司法機関よりも行政機関になじむものである。
それゆえ,司法機関の裁判所は,行政機関の検察・警察の判断を重視する。
もっとストレートに言うと,裁判所は「検察や警察が風紀の観点から処罰したいというのなら,それを認めましょう」という判断をするということだ。
だからパチンコも,もしも検察が本気で起訴をしたら,裁判所は有罪の結論を下すであろうと考えられるのだ。


③の点は,結論として捕まる可能性はゼロである。
取締権限を有する警察は,パチンコ店はあくまでも賞品を提供しているに過ぎないので賭博罪にはあたらず,風営法の規制を遵守している以上は捕まえなくてもいい,という方針を取っている。

この点については,パチンコ業界と警察が癒着しているからだと批判する向きもあるが,そもそも現代日本では,賭博罪にあたる行為をしても,捕まらないことがほとんどだ。
たとえば,セット麻雀やゴルフでは,ほとんどの場合現金が賭けられていて,それらは明白に賭博罪にあたる行為だが,捕まることはない。
風紀罪である賭博罪は,公然性がない場合は違法性が低く,処罰の必要性も低い。
身内で金を賭けて麻雀をしたりゴルフをする分には,公然性が低いので,処罰の必要性はないと考えられる。
だから,警察は捕まえないのである。

パチンコ店は,その賭博性を非公然にする,という点は徹底している。
パチンコ店の経営者と交換所の経営者は別々である。
交換所はパチンコ店のすぐそばにあるが,その場所をパチンコ店の店員に聞いても教えてくれない。
いわゆる交換率についても,店員は絶対に教えてくれない。
パチンコ店はあくまでも賞品を提供しているだけ,それを”たまたま”そばにある古物商が買い取ってくれている,という建前を徹底的に構築している。

麻雀店の講習会で僕が必ず言うのが「賭博罪については建前が大事です。賭博をしていないという建前を徹底してくだい。看板にレートを出すなどしたら捕まりますよ」ということだ。
賭博をしているということは,公にしては絶対にならない。
賭博が罪なのでなく,それが公になるのが罪なのだ。
最近話題の「昼顔」で,吉瀬美智子が「不倫が罪なんじゃなくて,バレるのが罪なの」なんて言っていたが,それに近いものがある。自宅の寝室でするのは勘弁してほしいということだ。

話がずれてしまったが,パチンコ店はその賭博性を非公然とする努力はおこなっている(これは麻雀店も学ぶべきである)。
パチンコの存在を知らない人はいない。
しかし,パチンコの換金行為の詳細は,知らない人もけっこう多い。
僕も,パチンコをしない人から「パチンコって景品が出るだけじゃないの?2万円勝ったってどういうこと?」と聞かれることがある。
結局,パチンコが現金賭博であるシステムは,知っている人には常識だが知らない人は知らないというもので,そこに非公然性が保たれているので,セット麻雀やニギリゴルフと同様,捕まらないのである。


以上のように,パチンコは捕まる可能性がゼロの業界ではあるが,三店方式が実質的に現金の提供である以上,グレー業界のひとつであることは間違いない。
そこで生じてくる問題については,また機会があれば書きたいと思う。


よろしければクリックお願い致します→

 人気ブログランキングへ

« NHKがギャンブルを | トップページ | 雇用を奪うな »

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1790625/57524859

この記事へのトラックバック一覧です: パチンコはどうなの? :

« NHKがギャンブルを | トップページ | 雇用を奪うな »