津田岳宏の事務所

無料ブログはココログ
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 銀座のクラブは暴利行為? | トップページ | キャバクラでの飲み方が弁護士の資質に影響するとされた事件 »

2014年11月29日 (土)

言わなきゃよかったのだが,それでも

銀座のクラブでのバイト歴を申告したことで女子アナの内定を取り消された事件が話題になっている。

ニュースを聞いてまず思ったのが,言わなきゃよかったのに,ってことだ。
彼女はエントリーシートにはクラブのバイト歴は書いていなかったようだ。
ならばそのまま最後まで,しれっと隠しておけばよかった。
それで正式採用されてしまえばこっちのものだった。
その後になって,クラブでのバイト歴を申告しなかったことが発覚しても,おそらくそれで解雇されることはなかった。
法律上,社員を解雇するというハードルは非常に高い。
過去のバイト歴を申告しなかったという理由で解雇することはきわめて困難だ。

たとえば,パチンコ店で働いていた店員が,過去にフーゾクで働いたことがばれて解雇され,解雇が無効であると訴えた事件がある。
この事件で店側は,フーゾクでバイトしていた過去を申告しなかったことは虚偽申告に該当し解雇事由にあたると主張したが,裁判所は認めなかった。
裁判所は

「採用を望む者が,採用面接に当たり,自己に不利益な事実の回答を避けたいと考えることは当然予測されるので,採用する側もこれを踏まえて採用を検討すべきであるところ,本件職歴に関しても自発的に申告するべき義務があったとはいえない」

として,解雇を無効とした。
正社員であれアルバイトであれ,採用面接を受けるとき,自分に不利益になりそうな経歴を申告する法律上の義務はないのである。


彼女としては,我慢してもう少し隠し通せばよかったのだが,現状でも不利というわけではない。
本件では,すでに内定が出されていた。
内定が出れば,学生はもうそれ以上の就職活動はしない。だから内定取消などされると,就職浪人の可能性が高くなり,学生の被る不利益は非常に大きい。
この点にかんがみ,法律上,内定が決まると「客観的に合理的と認められ社会通念上相当として是認」される場合にのみ内定取消が許容されることになる。

会社としては,「客観的に合理的と認められ社会通念上相当として是認」される場合であることを立証しなればならないのだが,このハードルはそんなに低くない。
これが一般の女子社員なれば,おそらく会社に勝ち目はない。
ポイントは,テレビ局の看板娘的役割を担いイメージが大切な「女子アナ」という特殊性がどれだけ考慮されるかであるが,給与的には一般社員もアナウンサーもそんなに変わらない,等の事情を考えれば,まあ会社としてはなかなか苦しいだろうな,と僕は思っている。

よろしければクリックお願い致します→

 人気ブログランキングへ

« 銀座のクラブは暴利行為? | トップページ | キャバクラでの飲み方が弁護士の資質に影響するとされた事件 »

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1790625/58127453

この記事へのトラックバック一覧です: 言わなきゃよかったのだが,それでも:

« 銀座のクラブは暴利行為? | トップページ | キャバクラでの飲み方が弁護士の資質に影響するとされた事件 »