津田岳宏の事務所

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2014年11月 | トップページ | 2015年2月 »

2014年12月

2014年12月27日 (土)

賭博と権力

「日本権力構造の謎 上・下」を読了。

タイトル通り,日本の政治システムや権力行使のされ方を分析した本である。

ひと昔前のバブル最盛期に書かれた本で,著者はオランダ人だ。
「アジア人である日本人ごときが経済的に成功しているのは,エリートが無知な国民を支配しているからだ。欧米の国民ならばこんな支配は許さない」といったニュアンスの,欧米優越主義と思われるような記述には気分の悪くなるところがあったが,基本的には鋭い分析がされている好著だった。

なかでもうなずかされたのは,日本での権力行使は法律に従ってされているわけではない,という指摘だ。

全ての権力行使は法律に従わなければならない。権力は法律により拘束を受ける。

これが「法の支配」と呼ばれる近代民主主義法治国家の基本原則である。
その趣旨は,行政による恣意的な権力行使を,立法や司法により抑制する点にある。

日本でも形式的には「法の支配」が採られているが,日本の法律は,形がい化していたり内容が曖昧なものが多い。
結果,行政の裁量権が非常に広くなり,行政の力が強くなる。

行政というのは,省庁や警察のことだ。
日本の国民は,法律よりも,省庁や警察の顔色を気にしている。彼らに目をつけられないよう,独創的なチャレンジや活発な議論はしないよう萎縮している。
日本の権力行使は「法の支配」とはいえず,その実質は「官僚による支配」である。

上記のような著者の指摘は,本が書かれた30年前はもちろん,今の日本にも当てはまる。
形がい化していたり曖昧だったりする法律は,いまだにたくさんある。
その代表が賭博罪である。

賭博をすると犯罪なのだという。

犯罪ならば,摘発されねばならない。

ところが,誰の目にも明らかな賭博であるパチンコはいっさいの摘発を受けない。

麻雀は,ほとんどの人が金を賭けてやっている。企業のお偉いさんも学校の先生も,政治家も役人も,みんな金を賭けて麻雀をしている。
彼らも「ほぼ」100%摘発を受けない。

パチンコと麻雀が異なるのは,麻雀はごくまれにフリー雀荘が摘発を受ける,という点だ。

それは滅多にないことだが,摘発される方からすれば,晴天のへきれき以外のなにものでもない。
パチンコは捕まらないし,賭け麻雀もみんなしている。
なぜ自分だけが捕まるのか?
その理由が告げられることはない。

「賭博は犯罪です。捕まって当然です」

そう告げられるだけだ。

パチンコが捕まらないのに麻雀だけ捕まるのはおかしいじゃないか。
この主張はもっともだと思われるのだが,裁判所からも「それとこれとは別問題です」とバッサリ切られる。

しかし,それで本当にいいのか?
それは裁判所が,恣意的な行政権の行使を許すということになるのではないか?

今この瞬間も日本中で多数なされている賭博について,それが摘発される基準は法律には記載されておらず,行政(警察)の全面的な裁量に委ねられている。
日本での賭博への権力行使は,「法の支配」ではなく「行政の支配」である。


賭博罪なんて撤廃すべきだ,と言うと何をバカなことを,という人も多いのだが,この問題は,「行政のスリム化」とか「脱官僚」とか「実効ある法律」とか,長年の政治的課題とされている問題と密接にかかわっているのである。


よろしければクリックお願い致します→

 人気ブログランキングへ



2014年12月26日 (金)

麻雀と知性

麻雀が強い奴に一人もバカはいない。
僕の持論だ。

たしかに,麻雀が強いだけのバカ,というふうに見える人が一定数いることは否定しないけれど,そういう人は,うまく社会に適合できていないだけであって,地頭が悪いわけでない。劇的に変身できる素質は持っているのである。


効率よく高い打点のアガリに向かう論理性,相手の手を読む洞察力,押し引きを決める判断力,状況を踏まえての戦略性。

麻雀は,その人が持っている全ての知性を集結させて競うゲームである。
これに強い奴がバカであるはずがない。


麻雀はメンタルのゲームでもある。
プレッシャーのかかる場面でいかに冷静に判断できるか,に勝負の帰すうがかかってくる。
知性とメンタルは,ビジネスマンにとって大事な要素だ。麻雀はこれを測るに最適なゲームである。
最近では,就職試験に麻雀を導入しているところもあるようだ。

今年の最強戦の優勝者は,サイバーエージェントの藤田晋社長だった。
ブログとか読んでると,この人もホントに麻雀好きなんだなー
藤田社長は,麻雀強い奴が社会にも適合したらどうなるか,という最たる好例だろう。



麻雀は,ギャンブルとしても最高であるという特性があって,そしてギャンブルへの偏見があるばかりに,そのゲームとしての魅力が社会に十分に認識されていない。

麻雀は強いんだけど社会にうまく適合できていない人,というのは,そのまま麻雀自体の社会でのポジションにもイメージが重なる。

僕は,そのポジションを少しずつでも変えていけるような仕事をしていきたいと思っている。


よろしければクリックお願い致します→

 人気ブログランキングへ



2014年12月13日 (土)

若い世代に期待

昔メンバーのアルバイトをしていたとき,「学生がこんなとこでアルバイトしていちゃダメだ」なんて言ってくる客がたまにいた。

まったく大きなお世話だし,そもそもアンタも“こんなとこ”で遊んでるじゃねーか。

ってツッコむのも面倒くさいこういう客は,きっとキャバクラや風俗でもお姉さんに説教してひんしゅくを買っているのだろう。


自分のことを棚に上げて他人にエラそうにするのは,間抜けだし野暮だ。
ただ,こういう野暮人間のターゲットになるのは,やはり麻雀のイメージが悪いからなのだろう。

麻雀なんだからバカにしたっていいだろ,と見くびられているのだ。
まったくもって腹立たしい。


残念ながら,麻雀のイメージは今もよくない。
ただ救いは,若い世代になるほど偏見が少ないことだ。
この子はネマタ本みたいなマニアックな麻雀本も読んでいるようだ。
うーん,この子はいいわ,いろいろ(笑)
麻雀界にとって,今後のイメージアップは,どれだけ若い人たちに訴求できるかにかかっていると思う。

 

よろしければクリックお願い致します→

 人気ブログランキングへ



2014年12月12日 (金)

ソープを詐欺で訴えた男

ソープランドで、やることはやってから「いつまでもこんなところで働いていちゃダメだよ」なんて説教する。野暮な遊びの古典的代表だ。
しかし世の中には、説教を超えて「払った代金を返せ」という裁判を起こしちゃった人もいる。


(事例)


A
は、1回6万円以上する高級ソープランドのB嬢にハマって合計2000万円以上を使った。
その後Aは、Bと店に対し払った代金を返せと訴訟を起こした。
根拠としてAは

①ソープランドは違法な売春をしているので、契約は公序良俗に反し無効である
②店の代金は高額すぎるので、暴利行為に該当し公序良俗に反し無効である

③BはAに「大学院に行きたいんだけど、親が学費を出してくれないから、学費を貯めるためにソープ嬢をしている」と言っていた。Aはこの話を信じていたが、嘘であった。BはAに嘘を信じさせ、同情心に乗じて指名料を含む多額の代金をせしめた。これは詐欺に該当するので、契約は取り消せる

などの主張をした。

またAは、
Bと店だけではなく、Bへの監督義務に違反したとしてBの両親を、さらには、売春防止義務を怠ったとして市と国までも訴えた。



裁判の結果は、Aがあっさり敗訴している。

売春契約は公序良俗に違反し無効であるが、Aは自由意志で店に通ったのであるから不法原因給付(民法708条)にあたり返還請求することはできない、というのが裁判所の結論である。


「不法原因給付」というのは、不法な原因に基づきみずから金を払った人はその返還を請求することができない、という法理である。


売春は確かに悪いことで公序良俗違反であるが、自由意志で買春した人が「公序良俗違反で無効だから代金を返せ」と主張するのは認めないということで、まあ当然の話である。


ちなみに、賭け麻雀で負けた人が「賭博は無効だ」と主張して返還請求をしても、この不法原因給付の法理で、認められない。
麻雀店に対し「お前の店は違法営業をしているから払った金を返せ」と主張しても、同様に認められない。
遊ぶだけ遊んで、違法だから金を返せなどという自己中な主張は、法律はいっさい認めない。


詐欺にあったというAの主張も斥けられた。
将来の学費を貯めている、という話は非常にあいまいでこれが虚偽かどうかの判定は困難であるし、そもそも、Bの話とAの店通いの因果関係の認定も困難である。



このように店はあっさり勝訴しているのだが、店からすると、訴えられるだけで、弁護士費用や時間などの大きなコストが生じる。
Aは、1年余りの間に2000万円以上をB指名で使っている。代金が高額になったのは、Aが「同伴外出オプション」を多用して高額の特別料金を払っていたからだ。
明らかに異常な遊び方である。
店通いので最後で、AとBの関係がこじれたことは容易に推測できる。
そのとき、異常な遊び方をしていたからこそ、Aに、裁判を起こさせるような激しい怒りが生まれたのだ。


惚れた腫れたで店に通っているケースは、それだけでもトラブルにつながりやすい。
とくに過度の色恋営業には、危険がつきまとう。
最近は麻雀店にも可愛い子が増えていて、とても喜ばしいことなんだけど、客が女の子目当てで普通でない通い方をしているときは、店としては、後からトラブルにならないよう気をつけた方がいい。



よろしければクリックお願い致します→

 人気ブログランキングへ

2014年12月 5日 (金)

ぼったくり防止条例

歌舞伎町のぼったくりバーが検挙された。

東京や大阪には,通称・ぼったくり防止条例がある。
正式名称は,東京では「性風俗営業等に係る不当な勧誘、料金の取立て等及び性関連禁止営業への場所の提供の規制に関する条例」という。

この条例には,刑事罰も定められている。
ぼったくりの料金をふっかけたり,乱暴な言動で請求する行為自体が,刑事罰の対象だ。

怖いお兄さんからぼったくりの料金をふっかけられたら,その場ですぐに警察に通報すればいい(その余裕があればだが)。
もっと勇気があれば,「ぼったくり防止条例に違反しているので,支払わない」とはっきり主張してもいい。
法律を知っていると思わせれば,相手が引き下がる可能性もある。
怖くて,支払ってしまったときは,その後,すぐに警察署に直行して通報すべきだ。すぐに警察が動いてくれれば,支払った金が返金されることも多い。

ぼったくり防止条例の存在は,知っておいて損はない。



よろしければクリックお願い致します→

 人気ブログランキングへ



2014年12月 3日 (水)

つくられた偏見

12月1日に配信されている「αシノドス」に僕の原稿が載っている。紹介で書かれている通り,日本人の賭博への偏見が自由民権運動の弾圧と関わっている話などを書いている。

明治政府は,自由民権運動の対応に手を焼いていた。

この反政府運動は是が非でもおさえたいが,民主主義を求める運動を正面から弾圧するのは具合が悪い。
そこで政府は,自由民権運動の“ケンカ担当”をしていた博徒に目をつけ,ここを潰して間接的に運動を弾圧しようと目論んだ。
政府は,極端に刑が重くきわめて非人権的な内容の「賭博犯処分規則」を制定し,博徒たちを次々と捕まえ,重罰に処した。
賭博犯処分規則は,あまりにも封建的で酷い法律だったので,人権保障が弱い大日本帝国憲法のもとですら憲法違反とされ,制定からわずか5年で廃止された。
しかし,この苛烈な法律のインパクトは強烈で,当時の国民に「賭博は大悪だ」という強い忌避感を植えつけ,それは現代まで続いている。

日本人の賭博への忌避感は,明治初期の「賭博犯処分規則」によってつくられたものである。

しかし忘れてならないのは,この「賭博犯処分規則」は自由民権運動の弾圧を目的とした法律で,憲法違反とされた不当な法律だったということだ。


αシノドスには,上記の話をはじめ,賭博罪について色々と書いている。
有料マガジンなんだけど,ご興味ある方は読んでいただければと思う。


よろしければクリックお願い致します→

 人気ブログランキングへ



2014年12月 2日 (火)

ニッチ弁護士?

昨夜のフジテレビ「マネースクープ」は,ニッチ弁護士を取り上げていた。

ニッチ弁護士とは,他の弁護士が取り上げないような分野に特化して業務をしている弁護士のことを言うようだ。
とすれば,麻雀とかギャンブルとかを専門にしている僕も,かなりのニッチ弁護士だ。

次は僕も取り上げてください,フジテレビ(▽`)


昨日出ていた弁護士で強烈だったのは,「神田のカメさん法律事務所」という冗談みたいな名前の事務所の太田真也って人だ。
太田センセーは極度のオタクで,オタクをターゲットにした事件に特化しているらしい。

センセーは風貌からしてオタク全開なんだけど,ニーズは多く,年収は2000万円あるんだという。
たしかに,アニメとかゲームとかは今や一大市場で,センセーのようなタイプの人も世に多い。そういえばこういうタイプ,雀荘のメンバーでもたまにいるわ(接客下手なわりに麻雀はそこそこ強い)。

オタク業界の人からセンセーに依頼が来るのはよくわかる。
言わずとも通じる部分が多いからだ。
僕が麻雀店の相談を聞いていてよく感謝されるのは,アウト・ツー入り・ゲームバック,などの業界用語を,説明せずとも知っているからだ。
普通の弁護士ならば,まずはこういう特殊用語の意味から説明しないといけない。
きっとセンセーも,普通の弁護士だと説明が必要な部分を阿吽の呼吸で理解できるから,業界から厚い信頼を得ているのだろう。


弁護士はサービス業なので,その分野に詳しければ詳しいほど,その分野に良いサービスを提供できるのは当然だ。
今,弁護士の数は激増している。
ニッチ弁護士は,競争の中で残っていくためのひとつ有望な道である。

というわけでしつこいけれど

次は僕も取り上げてくださいね,フジテレビ(▽`)




よろしければクリックお願い致します→

 人気ブログランキングへ



2014年12月 1日 (月)

キャバクラでの飲み方が弁護士の資質に影響するとされた事件

話題の女子アナ内定取消事件は,水商売へのイメージが論点になる。
夜の店へのイメージが問題になった事件では,こんな事件もある。

(事例)
テレビ番組に出演していた弁護士Aは,ゴシップ誌にキャバクラ通いをすっぱ抜かれた。記事には,Aがキャバクラに「ハマリ中」で週に2,3回店に通い,店に行く前にはオキニの女の子がいるかを確認し,同伴も頻繁にしていると書かれていた。さらには,Aがハメを外して「乳首触らせて」と女の子にせまっていた,などと書かれていた。Aは出版社に,名誉毀損を根拠に300万の損害賠償を請求した。


法律上,名誉毀損事件の考え方は,以下の順で検討する。

①人の社会的評価を低下させたか
②(させたとして)内容に公共性があり,かつ真実か

人の社会評価を低下させることを言ったり書いたりすると名誉毀損になるが,言論の自由の重要性にかんがみ,内容に公共性があって真実であれば,損害賠償はしなくてよい。
たとえば,政治家に関する言論は公共性があるので,内容が真実であれば,激しく批判してもOKだ。


本件では記事の中の

(1)キャバクラにハマリ中
(2)「乳首触らせて」とせまった

の記載が名誉毀損になるかが検討された。

まず(1)について裁判所は

「『ハマリ中』であるとの文言は,理性を欠いて過度に利用していることを連想させ,弁護士としての品位に欠けるとの印象を与えるおそれも十分ある」

として,社会的評価を低下させたと認めた。
たしかに,とくにAは「真面目キャラ」で売っていただけに,この記事は相当に痛かっただろう。
ここでのポイントは,キャバクラ等の夜の店が人のイメージに影響するものであることを,裁判所が認定したことだ。

ただ,次の段階で裁判所は

「弁護士の社会における立場及び活動の性質は公的な色彩を帯びる」
「弁護士として取り扱う法律事務の中には異性間の交際や対立に起因する紛争が含まれており,これを法律専門家として処理する際に異性関係についての基本的な考え方が反映する」
「本件報道自体は,法律専門家としての資質に疑問を呈する一要素になり得るものというべき」

として,記事の内容に公共性があると認めた。

裁判所は,キャバクラへの通い方や飲み方が弁護士の資質の一要素にあたると判断した。
なかなか柔軟で鋭い指摘だ。僕は大学のときにキャバクラでアルバイトしたことがあったけど,やはり飲み方の綺麗汚いというはすごくあって,そこに「異性関係についての基本的な考え方が反映する」というのは正しいと思う。


さらに裁判所は,証人のキャバクラ嬢の証言などから

「Aのキャバクラへの行動傾向は,理性を欠いていると評価されるほど夢中になった状態にあったとまでいうことはできないけれども,赴く頻度の高さ等に照らすと,通常の利用客よりもかなり積極的であったといって差し支えない」

として,「ハマリ中」との言葉は誇張されたきらいはあるけれど虚偽であるとはいえない,と判断して,結論として(1)についてAの請求は認められない,とした。

次に(2)の「乳首触らせて」について裁判所は

「客の性的好奇心に応じて役務を提供する業種とは異なるキャバクラの店舗内であるにもかかわらず,女性に対する節度ある接し方をわきまえない品性に欠けた人物であるとの印象を一般に与える」

として,社会的評価を低下させたと認めた。

さらに,記事の公共性は認められたが,「乳首触らせて」という発言があったとは認定できないとして,記事は真実ではないとされ,結論として(2)についてAの請求は認められた。金額は30万円と認定された。


結果としてこの事件は,Aがキャバクラに熱心に通っていたことは事実だが,「乳首触らせて」と言ったことはない,という認定がされ,Aの請求は30万円の限度で認められた。
まあ,痛み分けといったところか。


(まとめ)
①夜の店にかかわることが人のイメージに影響することは裁判所も認めている
②夜の店での飲み方が弁護士の資質に影響することを裁判所は認めた

よろしければクリックお願い致します→

 人気ブログランキングへ

« 2014年11月 | トップページ | 2015年2月 »