津田岳宏の事務所

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 賭博事犯の捜査実務 | トップページ | 賭博場開張図利罪の要件ー主宰生 »

2015年2月23日 (月)

賭博罪の要件ー相互的得失

「賭博」という言葉の意味が分からない人はいない。
しかし,刑法上の賭博罪の要件を正確に理解している人は非常に少ない。

たとえば,こんな問題。

「Aが,BとCに相撲を取らせて勝った方に1万円をやると約束した。相撲をしてBが勝ったので,AはBに1万円を支払った。A・B・Cの罪責を述べよ」

これは賭博罪を題材にした昔の司法試験の問題であるが,いわゆる引っかけ問題のひとつである。
正解は,3人とも何らの罪責に問われない。

勝負があってお金が動けば,全て賭博罪になるわけではない。
参加者各自に失うリスクと得られる期待」があって,はじめて賭博罪が成立する。
また,このリスクと期待は相互的な関係であることが必要である。
これが,相互的得失の要件である。

上記の問題だと,BとCは,1万円を得られる期待はあるが,お金を失うリスクはない。
一方Aには,財産的な利益が得られる可能性はない。Aからすれば,勝負をさせて楽しんでいるのかもしれないが,それは財産的な利益ではない。
よって3者間に相互的得失の関係がなく,賭博罪は成立しない。

ゴルフコンペでたまに検挙がされるのは,参加者全員が金を出し合ってそれを賞金にあてる,というケースである。
これがたとえば,上位者には社長から賞金が出る,というスキームならば賭博罪には該当しない。


さらに,上記の問題にこういう条件が加えられればどうなるか。
「AはBとCに相撲を取らせて勝った方に1万円をやると約束し,知人達に観戦料500円で観戦しないかと声をかけた」

この場合,Aからすると,観戦者が20人を超えれば利益が出るので,Aに財産的な利益を得られる期待が成立する。
またAの立場は,観戦者が20人以下なら赤字である。
利益が出るか赤字になるかは,やってみないとわからない。Aのしていることには,ギャンブル的要素がある。
しかし,Aには賭博罪は成立しない。
Aに成立している期待とリスクは,相撲という勝負(及びBとC)と相互的得失の関係にないからである。
ちなみに上記の問題は,スポーツイベント等のビジネスモデルを単純化したものだ。


冒頭の問題は,引っかかった受験者も相当数いたようだ。
相互的得失の要件は,案外見落としがちで難しい。

勝負事があってお金が動けば,必ず賭博罪が成立するわけではない。
ギャンブル的要素があるものの全てに賭博罪が成立するわけでもない。
さらに日本では,賭博罪が成立しても,ほとんどの場合,検挙されないww

ギャンブルは単純な遊びなのだが,賭博罪は難儀なシロモノなのである。



よろしければクリックお願い致します→

 人気ブログランキングへ

« 賭博事犯の捜査実務 | トップページ | 賭博場開張図利罪の要件ー主宰生 »

法律」カテゴリの記事

コメント

今日のニュース。大井競馬場で高額配当。当たった人、これを機会に博打から足洗え

先生、分かりやすい解説をありがとうございます。

私は何十年も前から学校の文化祭などでゲーム大会をしてきたものですが、現在日本では、限られた場所の限られた内容でしかゲーム大会が開かれていません。

私が文化祭などで行ったのは、飲食店などのようにメニューを提示して、その中から自分の得意なゲームを選び、それで担当者と闘い、勝てば提示してある景品より好きなものを持ち帰るというものでしたが、これを現在の家庭事情やゲーム事情を加味して変更し、たとえばタイムアタックという形などでオンラインでタイムアタックの動画を募り、規定タイムをクリアした人には景品という形をとり、その結果などをYouTubeにアップし、これには広告をつける形で運営したいと考えております。
文化祭の内容と、現在のYouTubeの案件、それぞれ法に抵触するものでしょうか、ご教示いただけたら、幸いです。

ここも結局釣り記事か…つまらない時代になったものです。

こうして書いたら何か書いてくるのかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1790625/59032179

この記事へのトラックバック一覧です: 賭博罪の要件ー相互的得失:

« 賭博事犯の捜査実務 | トップページ | 賭博場開張図利罪の要件ー主宰生 »