津田岳宏の事務所

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 弁護士麻雀プロのリーグ戦日記③ | トップページ | 賞金付ゲーム大会と賭博罪 »

2015年3月28日 (土)

弁護士麻雀プロのリーグ戦日記④

4回戦。

平たい状況の東2局,北家。何を切る?

二萬:麻雀王国二萬:麻雀王国三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国五萬:麻雀王国六萬:麻雀王国七萬:麻雀王国八萬:麻雀王国九萬:麻雀王国一筒:麻雀王国六筒:麻雀王国六筒:麻雀王国八索:麻雀王国東:麻雀王国  ドラ北:麻雀王国

僕は二萬:麻雀王国を切った。

この形なら,さすがにマンズ先切りで固定してもいいと思ったのだ。
東:麻雀王国 切った後に重なるのも,一筒:麻雀王国切った後に重なったり三筒:麻雀王国来てもかなりイタい形である。
もっとも,これも正解かどうかは分からない。
コメント,お待ちしておりますm(__)m


上記の手は,その後八索:麻雀王国七筒:麻雀王国一萬:麻雀王国とツモり,ピンフ一通に仕上がってリーチ。
流局間際に八筒:麻雀王国をツモって,裏も乗ってハネマンに。
ほんとこの日はツイていた。



その後,2着と2万点差というダントツで迎えた南1局。
9巡目でこの形。

二索:麻雀王国四索:麻雀王国三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国六萬:麻雀王国六萬:麻雀王国七萬:麻雀王国九萬:麻雀王国五筒:麻雀王国六筒:麻雀王国七筒:麻雀王国白:麻雀王国白:麻雀王国  ドラ四萬:麻雀王国

上家の親から白:麻雀王国が出るもスルー。
ダントツだし,手牌4センチから親リーチをかけられた2回戦の反省が頭にあった。

すると次巡,親が八萬:麻雀王国を切る。
これは,とりあえずチーした。
さらに次巡,親が二萬:麻雀王国を切ってきた。
「チー」


六萬:麻雀王国六萬:麻雀王国五筒:麻雀王国六筒:麻雀王国七筒:麻雀王国白:麻雀王国白:麻雀王国  二萬横:麻雀王国三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国  八萬横:麻雀王国七萬:麻雀王国九萬:麻雀王国  ドラ四萬:麻雀王国

一応テンパイだし白:麻雀王国はツモれば全員切る牌だ。
またこの形なら,誰がリーチしても白:麻雀王国 切りで2巡しのげる。
と思ってたら,案の定,対面からリーチがかかる。
一発目にツモったのは二索:麻雀王国
これは無スジだが,他にも無スジはたくさんあった。子供のリーチだし一瞬押そうかとも思ったのだが,やはり予定通り白:麻雀王国切り。

ダントツだし無理する必要はない。
結果は,数巡後,親が二索:麻雀王国を勝負して対面に刺さる。開けてびっくりのハネマン。二索:麻雀王国切ったらえらいことになっていた。
上記の手,リーチ後に我慢できたのはいいと思うのだが,どうせ我慢するのなら八萬:麻雀王国二萬:麻雀王国も鳴かなくてよかったのだろうか。
しかしそれはそれで消極的過ぎるような気も・・
これも正解が分からない。
コメント,お待ちしておりますm(__)m



その後,南場の親でもアガリを重ねた僕は,4回戦はダントツのトップ。
結局,第1節は,1-2-2-1でプラス138という出来すぎの成績で終えることができた。
が,麻雀は晴れの日ばかりではない。
ツキのない日も必ず来る。
そういう日にどこまでしのげるのかが次の課題だろう。

to be continued



よろしければクリックお願い致します→ 人気ブログランキングへ

« 弁護士麻雀プロのリーグ戦日記③ | トップページ | 賞金付ゲーム大会と賭博罪 »

麻雀」カテゴリの記事

コメント

何巡目かしらんけど東切り

その点差で白鳴かないのなら、他も鳴かないのでは?

>ういさん,コメントありがとうございます。
僕もちょっと腰軽かったなーと反省しているところです。なくかどうかの判断はほんと難しいです。

ついてるときは、大抵鳴かないのが正解な気が(連盟的発想ですけど、同じ相手に連戦時はかなりその方が良いことが多いイメージ)

ここらへんで麻雀記事はやめてくれ

新人プロの奮闘記として面白いので今後も続けてくださいね

ニコ生拝見しました。司会進行お疲れ様でした。とても面白かったです。
先生の回しで加藤さんが気持ちよく喋れていたと思います。
また先生のお話も面白く、人柄もよさそうですごく好感が持てました。
プロリーグ戦応援しています。負けるな黒い六法全書!

東2局で北家ということは南1局は先生が親なのでは?

一番上のは染めもかんがえるのでやっぱり①切りかなくっつきをみるなら⑥切りかな、678の三色と染めをみたいので、頭は二でいいし、自分的には789もみたいのでやっぱり①をきります。
下の問題は一枚スルーしたのならなにも鳴かない、間3がネックになるので2枚目の白もスルーで特にダントツならなおさら1000点とか2000とか取らずに白トイツ落としてメンタンピンを狙いにいくのもありかも、理由としては自分がダントツなら他の人が上がりに向ってくれるから自分だけでかい加点を目指すのがいいのかと。

>おお!知らないうちにコメントが増えてる。皆様,コメントありがとうございますm(__)m最近バタバタしていて更新できていないのですが,また更新します。
とりま明日のリーグ戦がんばります!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1790625/59407769

この記事へのトラックバック一覧です: 弁護士麻雀プロのリーグ戦日記④:

« 弁護士麻雀プロのリーグ戦日記③ | トップページ | 賞金付ゲーム大会と賭博罪 »