津田岳宏の事務所

無料ブログはココログ
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 運ゲーだという主張への反論、代理人弁護士として | トップページ | グリーン杯、明日から3連チャン »

2015年6月30日 (火)

データで見るグリーン杯1日目

前回の記事はかなり反響があり、コメントも長尺のものをたくさんもらった。
議論の活性化なくして発展はありえない。皆さま、ありがとうございます m(_ _)m

麻雀を科学的なゲームだと言いたいとき、データを出して語ることは有用である。
グリーン杯は、麻雀界のNFLを目指す、と大風呂敷を広げている。
NFLは、ファンが楽しむためにたくさんのデータを提供していることでも有名だ。

グリーン杯も、なるべくデータを提供していこうと思う。
今日出すのは1日目のデータ。
ちなみに、下記の表データは、paruさんという方が、好意でツイッターにあげてくれてものだ。本当にありがとうございます。

埋め込み画像への固定リンク

さらに、4者のアガリ回数・総アガリ点・平均アガリ点は、下記のとおり(左から順)。

可南    8-57100-7137  
コーラ   6-34500-5750
サイコロ  8-42700-5337
楠橋    9-52100-5788


これらのデータで、まず際立つのは、サイコロのフーロ数である。14回はダントツだ。
また、サイコロはそれだけフーロしているにもかかわらず、2回しか放銃していない。しかもそのうち1回は、3回戦ラス前に差込み気味に放銃したものだ。
守備力が際立った1日となった。
なおサイコロは、トータルポイントは1人浮きでダントツだが、総アガリ点数は、可南や楠橋よりも1万点以上少ない。
やはり、麻雀で勝つには守備力が重要であるということが、データからも顕著だ。


楠橋は、フーロ数とリーチ数の合計が一番少ない。
仕掛けられる手が少ない中、少ないチャンスをものにして2位に滑り込んだといえる。
巧みなゲーム回しを含め、「条件の楠橋」の持ち味を発揮した。


可南は、総アガリ点数がもっとも多く、また、平均アガリ点もダントツに高い。
「面前でのリーチ勝負」という持ち味は十分発揮された。攻撃のセンスは相当に高いのだろう。
惜しむらくは放銃回数の多さで、それが最後、楠橋と明暗を分けた。


コーラは、苦しい1日であった。
リーチ回数は最多の9回と、天鳳位の手作り力を見せるも、アガリ回数・アガリ点数ともに最小。
十分な雀力を見せながらも、武運に恵まれない1日であったことがデータからも分かる。


さて、せっかくなので、以下、僕が作成したゲームシートを載せておく。
シート中、Rはリーチでのアガリ、Dはダマでのアガリ、Fはフーロでのアガリを示す。

やはり、3回戦の東場、困難な条件下の楠橋が、可南から(流局はさみ)4局連続で放銃を取っているのが圧巻だ。ワンチャンスをしっかり生かしている。ここで可南から取ったトビ賞も大きかった。
しかし可南も、心折れることなく、南場の楠橋の親で3000-6000をツモり、再逆転まであと1歩のところにまで迫っている。
本当に良い勝負であった。

1回戦 

東1  楠橋 1300-2600  R

東2  楠橋 3000-6000  D

東3  可南 3000-6000  R

東4  コーラ 3900 ×楠橋   F

南1  コーラ 3000-6000  F

南2  1人テンパイ(可南)

南3① サイコロ 1500は1800 ×可南  F

南3② サイコロ 2600は2800オール  R  

南3③ サイコロ 12000は12900 ×コーラ R

南3④ コーラ  2600は3800  ×楠橋  R

南4  サイコロ 1300-2600 D 

 

2回戦

東1  2人テンパイ(可南・サイコロ)

東2  可南 8000は8300 ×コーラ  F 

東3  可南 3900 ×コーラ   D

東3① 可南 1500は2100 ×楠橋  F

東3② 楠橋 1000-2000は1200-2200  R

東4  1人テンパイ(サイコロ)

南1① 可南 6400は6700 ×楠橋  D  

南2  可南 1600-3200 D

南3  2人テンパイ(可南・コーラ)

南3① コーラ 3200は3500 ×サイコロ  R  

南4  サイコロ 1000オール  F  

南4① コーラ  2000-4000は2100-4100 F



3回戦 

東1  コーラ  1000オール  F

東1① 2人テンパイ(コーラ・サイコロ)

東2② 楠橋  500は700オール  F

東2③ 楠橋  2000は2900 ×可南  D

東2④ 楠橋  12000は13200 ×可南  R

東2⑤ 楠橋  2900は4400  ×可南  F  ※トビ賞の1万点が総合ポイントに加算

東2⑥ 2人テンパイ(コーラ・サイコロ)

東3⑦ 楠橋  3900は5100 ×可南  F

東4  サイコロ 300ー500  F

南1  サイコロ 500-1000  R

南2  可南   3000-6000 R

南3  サイコロ 7700 ×可南  D

南3① サイコロ 5800 ×コーラ F

南3② 楠橋   2000は2600 ×サイコロ F

南4  可南   2600オール  R

南4① サイコロ 8300 ×楠橋  R

 

 

 

よろしければクリックお願い致します→ 人気ブログランキングへ

« 運ゲーだという主張への反論、代理人弁護士として | トップページ | グリーン杯、明日から3連チャン »

麻雀」カテゴリの記事

コメント

赤黒の文字は読みにくい
これだけを伝えといてください

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1790625/60562530

この記事へのトラックバック一覧です: データで見るグリーン杯1日目:

« 運ゲーだという主張への反論、代理人弁護士として | トップページ | グリーン杯、明日から3連チャン »