津田岳宏の事務所

無料ブログはココログ
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2015年6月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年7月

2015年7月 9日 (木)

決勝戦!

京都グリーン杯,明日夜8時,いよいよ決勝だ。

ちなみに,プレーオフのデータは下記のとおり。
これもparuさんがつくってくれたものだ。本当にありがとうございますm(_ _)m

埋め込み画像への固定リンク
目立つのは,やはり角谷のフーロ率。
フーロ率55%って,どやさ。
決勝も,角谷の鳴きは,キーポイントのひとつだろう。


今回の決勝のメンバー,特徴としては,プロ歴の長さ。
今村10年,角谷10年,サイコロ9年と,今回のキャストの中ではプロ歴の長い人たちが決勝に残った。
賞金付のガチのトーナメントとかでは,やはり,プロとしての経験の長さがいきることも多いのかなーなんて思った。


ちなみに,賞金は,決勝後放送中に,とっぱらいで選手たちに渡す予定。
賞金が渡されるところを見せる麻雀番組なんて,あまりないと思う。
こういう生々しさも,グリーン杯のウリのひとつ(笑)

泣いても笑っても決勝戦,皆さまお楽しみに。

2015年7月 5日 (日)

天鳳位の才気

昨夜のグリーン杯プレーオフ、最終3回戦オーラスをむかえ、点棒状況と順位点込みの現状総合ポイントは以下のとおりだった。

角谷    39500 +87.8
今村    41300 +29.7   
楠橋    ▲3400 ▲47.3  
アサピン  22600  ▲65.2

アサピンは苦しい位置とはいえ、今村をまくってトップを取り、さらに素点で加算したら(今村を3着にすることも含む)残ることができた。
予選3位のアサピンは、アドバンテージでラス親であり、アガリやめもあり、さらにオープンリーチの権利も持っていた。
アサピンには、まだまだ現実的な可能性があった。
ちなみに、オープンリーチは2ハン。
リーチ者以外が振り込んだ場合は、役満になるというルールであった。
これはいわゆる、手詰まり放銃を想定してのルールである。

しかし、このオーラス、上記の状況を踏まえ、4者の条件確認をしているときに、アサピンがとんでもないことを言い出したのだ。


僕がオープンリーチして、角谷さんがフリ込んだら、僕と角谷さんが通過ですよね


!?


えっ、何それ・・


プンリーに差込み?


いや、実際そうであった。
角谷は、アサピンに48000点放銃しても、なお今村を100点上回れる状況だったのだ。
可能性は激低とはいえ、角谷は、アサピンに1度放銃してからその後に親役満を振ったら、落ちる。
とすれば、オープンリーチに差し込むという選択肢は、ないわけではない。

しかし、プンリーへの差込みとは・・・

こんな条件、対局者も、解説陣も、アサピン以外誰も気付かなかった。
ルール作成者の僕も、全く盲点になっていた。

そもそも、プンリーが役満になるというのは、放銃者へのペナルティの意味合いである。それも、きわめて大きなペナルティだ。
それを、放銃者へ有利になる状況に気付くとは・・
柔軟な発想といえばそれまでだが、普通の頭ではない。


ホントに恐ろしい奴だと思いましたよ・・

局後、角谷は素直にコメントしている。

いわゆるゲーム脳力の鋭さが、常人をはるかに超えている。初代天鳳位の才気に僕も鳥肌が立った。


と、アサピンを持ち上げておいて、ここからは僕が、ドヤさせていただく(笑)


プンリー差込条件を皆が理解したあと、若干の微妙な空気が流れた。


たしかにそうだけど、それで通過するって、何か盲点をついたような、暗黙のルール違反ぽいような・・マナー違反ぽいような・・・



実際、僕も最初は、しまった、と思ったのだ。
ルールに欠陥をつくってしまった、と。


しかし、喋りながらも3分ほど頭をめぐらした僕は、差込を”正当化”する理屈に気付く。

そう、そもそも、オープンリーチ権は、「アドバンテージ」なのである。
とすれば、差込可能なレアな状況になれば差込んでもらえるということも、そのアドバンテージに含まれていると考えることができる。
差込が実現されることは、アドバンテージの具現化の一形態であり、暗黙のルールとかマナーとかいう問題にはならない。

タイムシフトを見ると、4:09くらいからの僕は、ペットボトルを持ちながら喋っている。物を持つのは、考え込むときの僕の癖だ。

4:11頃、ついに僕は上記の”正当理由”に気付いた。喋っている間、あー俺ってやっぱ弁護士だなー、と思っていた(笑)
このシーンは、麻雀業界の弁護士として、僕も多少の意地は見せられたと思っている( ̄∇ ̄)v ドヤッ!


と、いうようなことがあってのオーラス。

実際はどうなったのか。

まだ見ていない方は、是非ご覧ください。コメント、大盛り上がりでした(⌒-⌒)

白熱のプレーオフ、もちろん全編見ていただきたいですが、お忙しい方は、4:00以降を見るだけでも、かなり面白いと思います。
よろしくお願いします m(_ _)m



2015年7月 3日 (金)

アサピンの、オープンリーチが見てみたい

京都グリーン杯、今夜はいよいよプレーオフ。
今日の上位2名は、決勝進出が確定。
今大会、決勝に行けさえすれば、何らかの賞金を獲得できる可能性が高い。今夜はまさに正念場。メンツも見事に揃った。アサピン・今村・角谷・楠橋(予選順位順)、関西最高峰の戦いになること間違いない。

注目は、アドバンテージを持って登場するアサピン。
あらかじめ5ポイントが付与され、3回戦の場決め権、1回のオープンリーチ権を持つ。
オープンリーチは、一般ではそこそこ使われているが、賞金をかけた配信の真剣勝負で採用されるのは、ほとんどないと思う。

有利なポジションから発進するアサピンが使用するかどうかは分からないが、もし使われれば、大きな見せ場である。

初代天鳳位のオープンリーチが見れるのは、京都グリーン杯だけですよ( ̄▽ ̄)
みなさま、お見逃しなくm(_ _)m


2015年7月 2日 (木)

天鳳位って

今さらこんなこと言うと、ほんとバカにされそうではあるが、天鳳位って強いんだなあ。。
そう実感させてくれたグリーン杯、エピソード2。

他にも、破天荒な角谷流、選手のファッションなど、見どころ盛りだくさんです。
大澤さん、あざーす。

コメントも4500超えで、大盛り上がり。
まだ見ていない方、楽しいヒマつぶしには必ずなることを保障します。よろしくお願いしますm(_ _)m


そして今夜は、予選最終組、エピソード3。
満を持してアノ男が登場します。
なお今日登場する西村・今村・涼宮の3人は、PVで大喜利対決をしているので、こちらも是非( ̄∇ ̄)









« 2015年6月 | トップページ | 2015年10月 »